脚やせで大切なのは歩き方だった!?【意識してみて】

脚やせにはやはり足をしっかりと使った痩せ方が一番健康的で効果があります。自分の体力向上にも繋がって一石二鳥ですよね。足を使った脚やせと言えば、やはり「歩く」ということは一番のポイントになってきますが、脚やせに効果のある歩き方とは一体どのような歩き方なのでしょうか?

 

人間は常に歩いていますので、歩き方一つで足痩せが出来たり太ってしまったりするものです。ここでは、脚やせに関することの中でも、効果的な歩き方についてご紹介いたします。

 

脚やせに効果のある歩き方

脚やせに効果のある歩き方は大きく分けて3つのポイントがあります。では、ひとつずつ見ていきましょう。

 

足を出す時にはつま先から

まず、歩く時の一歩を踏み出す時は、つま先を蹴るようなイメージで歩き出しましょう。つま先など、足の指をしっかりと使わないまま歩いていると、足の形も外側に向いてしまって綺麗な足にはなりません。

 

膝を曲げない

歩いている時には出来るだけ膝を曲げないように歩くことも大切です。膝が曲がるとどうしても姿勢が前屈みになってしまいがちですので、膝は出来るだけ伸ばした状態で歩きましょう。

 

着地する時はかかとから

イメージとしてはかかとからゆっくりと体重が前のほうに行くようなイメージで着地しましょう。また、かかとの次には足の親指が地面につくようにします。

 

早く脚やせ効果を実感したいなら

脚やせダイエットを行おうと思っている人だと、出来るだけ早く脚やせ効果を出したいと思う人もいるかもしれませんね。実は、歩き方一つで足痩せダイエットの効果も早く実感することが出来るのです。

 

では、どのような方法なのかと言いますと、上記の歩き方に付け加えて出来るだけ大股で歩き、早足で歩くということを付け加えるのです。

 

大股だとどうしても歩くスピードが遅くなりがちなのですが、その時に意識して出来るだけ早く歩く練習をしていると脚やせ効果が増します。練習で早く歩けるようになってきたら、どんどんスピードをアップしてみましょう。普段よりもしなやかな足になって綺麗なラインのついた脚やせを実感することが出来るはずです。

 

歩くだけではない!靴選びも大切!

せっかく歩き方にこだわるのであれば、靴にもこだわってみましょう。脚やせには、ハイヒールやブーツ、厚底の靴などはあまり脚やせには向かない靴です。脚やせ効果を狙う時には、自分のサイズに合った運動靴を選ぶことで、歩き方も早くマスターすることが出来るはずですし、自分の軸となる重心もしっかりと支えて歩くことが出来るはずです。

 

まとめ

脚やせに関することの中でも「歩き方」というものは、毎日行うことなのでとても重要です。つま先から蹴るように歩き出して、なるべく膝は曲げない。そして着地するときにはかかとから着地するということを意識して歩くようにすると、自然と足に余分な脂肪の付きにくい足になってきますよ。

 

また、上級偏として上記の歩き方のまま出来るだけ大股で早足で歩くことによって、より脚やせに効果を表わしますので是非基礎編をマスターしたら行ってみてくださいね。