ふくらはぎの痩せ方【筋肉太りはどうすれば?】

ふくらはぎ痩せ方筋肉太り

ふくらはぎの筋肉太りをなんとかしたいと思っていても、筋肉は脂肪と違い、落とすのはなかなか難しいです。痩せ方にはコツがあるのです。ふくらはぎの筋肉太りを確実に落とす痩せ方を調べてみました。ふくらはぎの筋肉太りをあきらめてしまっていた人は、是非、この痩せ方を実践してみましょう。

 

ふくらはぎが太くなる原因

ふくらはぎの筋肉太りをなんとかしたいと悩んでいる方はたくさんいますよね。ふくらはぎを細くするのはとても難しいことです。筋肉があると、体重は落ちてもふくらはぎは細くならなかったりします。

 

ふくらはぎが痩せにくいのは、原因があり、どうしたらふくらはぎが細くなるのかの痩せ方を調べてみました。

 

ふくらはぎは、脂肪がつきにくくて、筋肉はつきやすいという特徴があります。ふくらはぎは、日常動作によっても筋肉が鍛えられていますので、筋肉太りしやすいのです。

 

ふくらはぎを痩せたいと思っている方は、必要な筋肉を残しながら余分な筋肉を落としましょう。ふくらはぎの筋肉は、鍛えると、どんどん太くなっていってしまいます。注意しましょう。

 

ふくらはぎが太くなる原因は、むくみです。脚のむくみに悩まされている人は多いですよね。立ち仕事の方は特に、また、デスクワークの方も、夕方になると、パンパンに脚がむくんだりします。

 

むくみは、血液やリンパ液の流れが悪くなるとリンパ液が滞ってしまい、老廃物や水分が溜まってしまいます。運動不足や冷えが原因で、リンパ液の流れが悪くなり、むくみやすくなるのです。

 

老廃物と脂肪細胞がくっつくと、セルライトになります。むくみがセルライトになってしまうと、消すのは難しいです。セルライトはマッサージでリンパを流すようにしましょう。

 

ふくらはぎの痩せ方

ふくらはぎを細くする方法として、速筋をなるべく使わないようにしましょう。短距離走をしたり、筋トレをするような無酸素運動をすると筋肉がついてしまいます。

 

日常生活でも気をつけないとすぐに筋肉がついてしまいます。筋肉は1ヶ月くらい使わないと、細くなっていきます。意識して使わないように努力しましょう。

 

有酸素運動をしましょう。最低20分以上継続して有酸素運動をすることをおすすめします。ただし、長すぎても逆効果になるので、20分から30分くらいの適度な運動を毎日続けることが大切です。

 

歩き方を見直してみましょう。ふくらはぎが太い人は、筋肉がつくような歩き方をしている可能性があります。ふくらはぎを痩せたいという方は、筋肉に負担をかけないような歩き方をすると、脚が細くなりますので、歩き方を見直しましょう。

 

リンパマッサージをしましょう。むくみによって、ふくらはぎが太くなります。リンパマッサージをすると、むくみにとても効果が期待できます。手軽にできて、すぐにできますので、是非、やってみましょう。

 

ふくらはぎの筋肉を落とすために、より効果を高める方法は、サポーターを使いましょう。脚の筋肉が刺激されて、血流がよくなって、むくみが改善して、ふくらはぎが痩せるのに効果が期待できます。

 

サポーターの中でもおすすめなのが、ビキャクイーンです。