ふくらはぎが気になる男性要チェック!【痩せ方はこちら】

ふくらはぎ痩せ方男

ふくらはぎを細くしたいと悩んでいて誰にも言えないという男の人のために、痩せ方をご紹介しましょう。ふくらはぎの太さに悩まされ続けた男の人は、この痩せ方をご参考にしてみてください。ふくらはぎの痩せ方を男の人だと勘違いして間違った痩せ方をしている人もいますので、正しい痩せ方をご紹介しましょう。

 

ふくらはぎを細くする方法

日本人というのは、ふくらはぎが太いです。それを気にしている男の人は少なくありません。

 

ふくらはぎは、脂肪が付きにくい部分です。ふくらはぎが太いのは、単に脂肪がついているだけが原因ではありません。

 

男性の方なら、朝から履いていた革靴が夕方になるときつくて履けなかったりした経験はありませんか?女性だと、ブーツがきつくなって履けなかったりしますよね。

 

これは、むくみが原因んです。ふくらはぎは、とてもむくみやすい部分です。パンパンにはってしまってとても辛いという方もいます。

 

ふくらはぎを細くしたいのならば、脂肪を落とすよりも、このむくみをとりましょう。むくみは、血液やリンパ液が身体に溜まってしまうために起こります。体液の流れが悪いのが原因です。

 

ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれています。下半身を動かすと、筋肉が収縮と弛緩を繰り返して、体液の流れを良くしてくれます。

 

下半身を動かさないと、体液の流れが悪くなります。長時間座っていたり、同じ体勢でいるとこのようになってしまいます。このようになると、むくみが生じて、ふくらはぎがパンパンになるのです。

 

男性がふくらはぎを細くしたいのならば、このむくみをとってあげましょう。むくみをとると、老廃物が取り除かれます。

 

むくみのとり方は、まず、仰向けに寝て、脚をあげましょう。こうすると、体液は心臓に向かって自然に流れてくれるのです。更に足首を動かすとより効果が期待できます。

 

また、マッサージもむくみを解消してくれる良い方法です。つま先から太ももの付け根に向けてマッサージをしましょう。

 

あぐらをかいて座って、太ももの付け根のリンパ節を押しましょう。つま先から足首にむかい、両手でさすります。指、甲、裏をまんべんなくマッサージします。足首から膝に向かって、ふくらはぎ、そして骨の表面を手のひらでさすります。膝の裏側のリンパ節を手前に向かってさすりましょう。膝から太ももの付け根に向かい、手のひら全体で圧を加えてさすります。

 

太ももというのは、面積が広いので、内側と前側と裏側に分けてマッサージをしましょう。

 

運動不足になると、むくみます。長時間デスクワークをしていたり、立ち仕事の方は、脚がむくみます。

 

長時間座ったままで同じ姿勢をとるような乗り物に乗るときも、同じように、脚がむくみます。

 

このような時には、血流を促す方法があります。かかと上げの運動で、立ったままでもできますし、椅子に座っていてもできます。

 

かかと上げをすると、体液の流れをよくしてくれて、むくみを解消してくれます。むくみが解消されると、ふくらはぎが細くなります。

 

男性でもふくらはぎを細くしたい場合におすすめなのが、ビキャクイーンです。