ふくらはぎの脂肪をなんとかしたい【痩せ方は?】

ふくらはぎ痩せ方脂肪

ふくらはぎについた脂肪はなかなか取れませんよね。痩せ方ってあるのでしょうか?脂肪がついていないふくらはぎにするには痩せ方のコツがあるのかを調べてみました。ふくらはぎについた脂肪を落として、美脚になるための痩せ方をしって、自信のあるふくらはぎを目指しましょう。

 

ふくらはぎが太い原因

全身をみると、そんなに太っていないのに、しっかりとした太いふくらはぎに悩んでいる方は多いですよね。肥満だけでふくらはぎが太くなる訳ではなさそうです。

 

ふくらはぎが太る原因は、まず、脂肪・筋肉不足が原因です。座ってふくらはぎをつかんで、そのまま立ち上がると、手の中に残っている部分が脂肪なのです。この脂肪が多いと、筋肉が不足したために、脂肪が多くて、太って見える原因です。

 

また、むくんでいたり、セルライトが太って見える原因です。ふくらはぎを30秒つまむと、指の跡がしばらく残るようならむくんでいる証拠です。そして、ひねると表面がでこぼこしていると、セルライトがついているのです。

 

筋肉がついているのも太って見える原因です。ふくらはぎを触るととてもかたくて、つかめるような脂肪がないというときは、脂肪が固まって太くなっている可能性があります。昔、運動をしていたような方に多くて、血流も悪く、1番痩せにくいタイプです。

 

運動をしていない人でも、歩き方や姿勢によって、ふくらはぎに負担がかかる場合には、筋肉が発達しています。そのため、ふくらはぎが太く見えます。

 

脂肪で太っている人も、筋肉で太っている人も、共通して言えることは、むくみによってふくらはぎが膨張している人が多いということです。

 

むくみを解消すると脚痩せにもつながります。

 

ふくらはぎ太りの解消法

ふくらはぎは、第2の心臓とよばれるような重要な部分です。ふくらはぎの調子が悪いと体調が悪くなったりもします。ふくらはぎが健康だと、身体の健康にもつながります。ふくらはぎをしっかりとケアすることが大切ですね。

 

脂肪・筋肉不足が原因でふくらはぎが太い人の場合は、足が太いというわけではありません。ふくらはぎがたるんでメリハリがないのです。筋肉を程よくつけてあげるといいのです。

 

やり方としては、壁に手をついて、限界までかかとをあげます。つま先立ちで5秒キープします。かかとを下ろして5秒休憩します。10セット繰り返しましょう。

 

かかとがないダイエットスリッパも販売されているので、これを利用してみるのもおすすめですよ。

 

筋肉太りの方は、まず、脂肪をやわらかくしましょう。血流をよくしてあげましょう。一番時間がかかりますので、じっくりと毎日とりくみましょう。

 

リンパマッサージは、脂肪の凝りを改善してくれます。脂肪がつかめるくらいに柔らかくなったら、有酸素運動をしましょう。

 

姿勢が原因で筋肉太りになっているという方は、原因を解明しましょう。姿勢を伸ばして、かかとから着地し、つま先で蹴るようにして歩いてみましょう。

 

正しい姿勢で立って、歩き方をマスターすると、無駄な筋肉がおちてふくらはぎがやせることでしょう。

 

ふくらはぎを痩せたいという方におすすめなのは、ビキャクイーンです。