ふくらはぎの痩せ方【短期間で細くなるには?】

ふくらはぎ痩せ方短期間

ふくらはぎが太くてずっと悩んでいる方も多いですよね。何をやっても痩せなかったという方のために、短期間で細くする痩せ方をご紹介します。ふくらはぎを短期間でなんとかしたいという方は、この痩せ方を是非やってみましょう。ふくらはぎを短期間で痩せさせたいという方は是非、この痩せ方をご参考にしてください。

 

短期間で痩せる方法

何をしても今までふくらはぎが痩せなかった方は、ふくらはぎを細くする痩せ方なんてないんじゃないかとあきらめていませんか?

 

これまで、食事制限や運動をがんばっても、全然ふくらはぎが細くならなかった方、夏までにふくらはぎを痩せたいけれども間に合わないと絶望的になっている方、筋肉が落ちなくてお悩みの方、そんな方のために、ふくらはぎを細くする必殺技をご紹介しましょう。

 

まず、脚を細くするためには、血行とリンパを改善しましょう。脚がむくんでいると太くなります。むくみは血行不良やリンパの流れが滞るためにおこります。そのためには、リンパマッサージがおすすめです。

 

リンパマッサージは、お風呂上りにするのがおすすめです。入浴後は、血行が良くなって、リンパの流れが改善しやすいのです。

 

食事でも、血行、リンパの改善効果がアップします。意識して食べていただきたい成分をご紹介しましょう。

 

カリウムは、塩分と結びついて、排出してくれます。カリウムは、身体に欠かせないミネラルです。バナナやアボガド、切干大根やパセリといった食品に含まれています。

 

カリウムは水で洗いすぎると栄養が流れ出てしまいますので、水で洗い過ぎないよう注意しましょう。熱を加えても熱により30%のカリウムが失われてしますので、火を通しすぎないようにしましょう。

 

タンパク質は、身体の細胞をつくる成分です。白血球や赤血球を作るもとになります。動物性と植物性があります。タンパク質が不足すると、身体はそれを補おうとして、血液内の水分量が増えてしまいます。そして、余分な水分を血管の外に出そうとして、組織間に溜まり、むくみが引き起こります。

 

ビタミンB1が不足すると、タンパク質の合成ができなくなり、むくみにつながります。ビタミンB1は、身体の細胞に栄養を届けて、老廃物を回収する働きがあります。

 

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。この両方をバランスよくとると、強い味方です。

 

ビタミンB6は女性ホルモンのバランスを整えてくれます。サポニンは、排尿を促し、体内の水分量を調節してくれます。

 

このような成分が含まれている食品を意識的にとるようにしましょう。

 

ストレッチも効果が期待できます。むくみを取り除いて、脚を細くしてくれます。筋肉をしなやかにしてくれて、めぐりをよくしてくれます。

 

エステのようなプロに任せてしまうのもいいですね。自分ではできないようなリンパのながれを改善してくれて、脂肪分解をしてくれます。

 

脚痩せグッズは、今たくさんあります。脂肪をほぐしたり、リンパを流したりしてくれます。脚痩せグッズの中でもおすすめなのは、ビキャクーンです。