ストッキングの洗い方はどうすればいいの?

ストッキングは多くの人が着用していると思いますが、その洗い方には決まりはあるのでしょうか?最近では着圧ストッキングなども売られているのですが、そのストッキングの洗い方にも決まりはあるのか気になりますよね。着圧ストッキングを試そうと思っていると人のために洗い方を調べてみました。

 

1番いい洗い方は?

 

ストッキングの洗い方で1番いいのはどうも手洗いというのが答えのようです。その理由はやはりストッキングの素材にあるようでほとんどのストッキングは伝線しやすい素材でできているので洗濯機で他のものと一緒に洗ってしまうと絡み合って伝線してしまったり、破れてしまうからなのです。

 

手洗いする場合は洗面器などにぬるま湯を入れ、中性洗剤を入れて押し洗いする事が大事なのです。しっかりと押し洗いする事で汚れなどは十分取れるので心配は要りません。

 

そして洗い終わったら洗濯機の脱水の代わりに乾いたタオルなどで包んであげて圧縮するように水気をとってあげれば十分水気は取れるはずです。そして干す時には絞る時にできてしまったシワなどをしっかりと伸ばし、伝線などがないかをチェックしながら広げて干すとバッチリです。その時に気をつけたいのが洗濯バサミは引っ掻き傷などがつきやすいので使わないようにしてくださいね。

 

もしも洗濯機で洗う場合は?

 

ストッキングは、基本手洗いなのですが、忙しい日々を送っているとそうとばかりも言っては入られませんよね。どうしても手洗いする時間がなくて洗濯機で洗わざるを得ない場合は次の事に注意しても洗うようにしてくださいね。

 

まず1番重要なのは必ず洗濯ネットにストッキングを入れて洗うという事です。そして一つのネットに必ず一足のストッキングを守ってくださいね。大きなネットなどにストッキングをまとめて入れて洗濯するとストッキング同士が絡まってしまい摩擦で毛玉だらけにという悲しい状態になってしまいます。

 

もちろん洗濯ネットに入れずバラバラに入れて洗った場合は、ストッキングはきっと使い物にならなくなってしまうので注意してくださいね。

 

ビキャクイーンの洗い方

 

今人気のビキャクイーンももちろん洗濯は手洗いがお勧めです。洗濯する時の注意事項としてはパッケージにもしっかりと書いてあり、たっぷりの水かぬるま湯で手洗いが基本です。そして洗剤を溶かして押し洗いが大事なのです。

 

ついついやりたくなってしまうもみ洗いやつまみ洗いは、ストッキングの形や生地を傷めることにつながるので厳禁です。そして色の異なるものとは絶対に一緒に洗わないように注意してくださいね。また漂白剤や蛍光増白色の入った洗剤などは使わないように注意して洗うようにしてください。

 

ビキャクイーンは倖田來未さんプロデュースでむくみ抑制効果が非常に高いのにムレの抑制、保湿効果もとても高いレベルになっている人気の着圧ストッキングです。洗い方を間違えると早くダメになってしまうので洗い方を守って痩せ効果を楽しみましょう。

 

光電子繊維の力で履くだけで痩せると評判のビキャクイーンを手に入れるならこちらからどうぞ!