着圧ストッキングの効果には医学的根拠あるの?

ストッキングを履くだけでダイエット効果があるという着圧タイプのストッキングが話題になっていますよね。日々の生活では会社帰りの時には脚がむくみでパンパンで履いているだけで効果がある着圧ストッキングがあるならとても便利ですよね。着圧ストッキングを履いている人は結構世の中にいるようですが、その効果が気になるので調べてみました。

 

着圧ストッキングの効果は医学的根拠?

 

ストッキングを履くだけで効果があると評判の着圧ストッキングですが、具体的にはどのような効果がみられるのでしょうか?使ってみようとは思うのですが非常に気になりますよね。

 

着圧ストッキングの効果で1番喜ばれているのがむくみ対策のようです。日々立ちっぱなしや座りっぱなしが多い仕事環境だと帰る時には脚はむくみでパンパンな事が多くとても悩んでいる人が多いようです。しかし着圧ストッキングならただ履くだけでこのむくみを予防してくれるというのだから嬉しいですよね。

 

なぜ履くだけでむくみが予防できるのかというとむくみの原因である血流の悪化を着圧ストッキングは適度な圧力で圧迫する事で運動不足などで衰えている筋肉の代わりにポンプ作用を高め血液循環能力を高めてくれるのです。そのためうっ血する事が少なくなり脚がむくみにくくなるという医学的根拠に基づいているのです。

 

万病の元、冷え性も改善

 

着圧ストッキングの嬉しい効果は他にもありあす。多くの女性の悩みの一つに冷え性というのもあります。万病の元とも言われているので解消したい悩みの一つですよね。

 

冷え性の原因はやはり血流の循環が悪くなる事から身体の隅である手の先や足先に血液が行き届かないことから冷えてしまうと言われています。着圧ストッキングを履くと血流改善のためのポンプがわりになるとともにマッサージ効果もあるので血流が改善し身体の隅々まで血液も循環するようになるのです。

 

よって万病の元と言われている冷え性からも着圧ストッキングを履くだけで改善できるのだから嬉しいとしか言いようがないですよね。

 

常にマッサージ効果ならこれ!

 

着圧ストッキングも沢山あるのですが、ただ選べばいいのかというとそうではありませんか。まず大事なのが圧力を自分の症状にあったものをきちんと選ぶ事が重要なのです。自分にとって圧力が弱すぎるものでは効果が得られませんし、逆に強すぎると逆効果となってしまうこともあるので注意が必要です。

 

着圧レベルは軽いむくみの人は20mmHg 、ひどい症状なら30mmHg、医療用としてはそれ以上を使用するようになります。強ければいいというのは勘違いですのでくれぐれも気をつけてくださいね。

 

お勧めなのはビキャクイーンで足首からふくらはぎにかけて締め付け力が変えてあり下から30dnl、25dnl、20dnlと段階着圧設計になっていて押し上げるような引き締効果があるのです。最大で520dnlのパワーを発揮して常にマッサージを受けているような履き心地を実現しているとのことですよ。

 

履くだけマッサージ効果を手に入れるならビキャクイーンがお勧めです。こちらからどうぞ!