おすすめの着圧ストッキングを紹介!【履けば納得】

ストッキングを履くだけで足が細くなる効果があるという着圧ストッキングのお勧めの話題が最近多いですね。着圧ストッキングを履くだけでむくみなどが解消するなら嬉しいですよね。これだけ話題なら着圧ストッキングを履いている人のお勧め情報も多いのでは?と着圧ストッキングのお勧め情報を調べてみましたので検討している人は参考にしてくださいね。

 

着圧ストッキングの効果は本当?

 

履くだけで足が細くなると評判の着圧ストッキングなのですが、その効果は本当なのでしょうか?使ってみようと思っているとまずその効果が本当なのかどうかが気になりますよね。

 

なぜ足がむくむのか?これはまず一言で言うと血流が悪化するためには起こる現象なのです。そして足に巡った血液がきちんと循環していればいいのですが、運動不足などで筋力が低下すると血液を心臓に戻す役割が果たす事ができにくくなり結果、心臓に戻りきらなかった血液中の水分が細胞の間に溜まってむくみという症状となってしまうのです。

 

この低下してしまった筋肉の働きに変わって脚を適度な圧力で圧迫して血液循環のポンプ機能の作用を高める働きが着圧ストッキングには備わっているのです。よって水分が脚に溜まる事なくむくみの解消を行ってくれるのです。着圧ストッキングは実は医学的なメカニズムから作られているのでその効果は本当のようですね。

 

正しい着圧レベルが大事です

 

着圧ストッキングの圧力にも実はお勧めのレベルがあるようです。圧力が強ければ強いほどいいのかと思ったらそれは勘違いで着圧レベルには次のような基準があるようです。

 

軽いむくみの人には10mmHg?20mmHg、むくみが中程度から酷い症状の人には20mmHg?30mmHg、下肢静脈瘤やリンパ浮腫などの医療用としては30mmHg?50mmHgと決まっているようです。

 

症状に比べて着圧が必要以上に強いと逆に血行障害が悪化してしまったり、脚の動きなどが制約を受けて脚に筋力低下を招いてしまう事があるようです。着圧ストッキングを使う時には必ず着圧レベルを確認し適正レベルのストッキングを着用する事が大事なのですね

 

お勧めはビキャクイーン!

 

着圧ストッキングの効果や選び方はわかりましたが、お勧めはあるのでしょうか?今は色々なところから色々な種類のストッキングが販売されているので悩んでしまいますよね。

 

今お勧めの着圧ストッキングはビキャクイーンでこれは歌手の倖田來未さんがプロデュースして作られたこだわりの商品となっているようです。

 

繊維についても光電子という特殊な特許素材を使っていて非常に高い保湿力を保ちながらムレの抑制と保温の冷えとりを両立しているという優れモノなのです。発売まで10年もの構想を経て作られているので体の仕組みをトコトン追求して作られた商品なのだそうです。倖田來未のオフィシャルサイトでも手にいれる事ができるので確認してくださいね。

 

本物の実力を持つ着圧ストッキングなら倖田來未オフィシャルサイトからどうぞ!