ストッキングは履いたまま寝ても大丈夫?

ストッキングを履いて寝るメリットとして冷え性の人は寒さから体を守れたり、むくみ解消の為にも人気があるようです。しかしストッキングを履いて寝ると汗を掻くので逆に体温をさげてしまうというデメリットもあるようです。履いて寝るとメリットだけがあるストッキングがあるといいですよね。

 

ストッキングを履いて寝るメリット!

 

ストッキングや靴下を履いて寝ると冷え性対策やむくみ対策としてダイエット効果もあるので意外と多くの人が夜寝るときにストッキングや靴下を履いて寝ているようです。確かに寒い季節は当然として夏でもエアコンなどで意外と部屋は寒いので暖かくする事でよく眠れそうな感じがしますよね。

 

確かに寒い時に布団にくるまるように足をストッキングなどで覆っておけば寒さや足の冷えなどから体を守る事は想像つきますよね。着圧ストッキングを履いて寝ると更に足のむくみも解消するとあって人気のようです。

 

中にはストッキングや靴下などを履いて寝る事でかかとの保湿を行い、かかとケアを図っている人もいるようです。寝る時に履くだけで冷え性対策、むくみ対策、かかとケアができるのであれば多くの人が試しているのも頷けますね。

 

気をつけたいデメリット

 

ストッキングを寝る時に履くとメリットがある一方デメリットもあるようです。その一つには寝ている時に我々の体は汗をかくのです。そしてストッキングや靴下などのように肌にぴったりと密着している場合は熱がこもって必要以上に汗をかいてしまうのです。

 

汗をかくとかいた汗が体温を吸収して熱を外部に逃がそうとする働きをするのです。すると足から逆に熱を奪うことから冷やしてしまう事になってしまうのです。要は体温調整機能が働いてしまうという事なのです。

 

更にきつすぎるストッキングなどを履いて寝ると締め付けから血行不良を起こし老廃物が排出されにくい状況となり、結果新陳代謝が悪くなることから体内に水分が溜まってしまいむくみやすくなってしまうというデメリットもあるのです。

 

安心して寝る時に履けるのはこれ!

 

ストッキングを履いて寝るメリットを最大限に活かす為にはいくつかの注意するポイントがあるのです。それは寝ている間に汗がこもらないような汗の吸湿性が高いものや、汗を逃す放湿性の高い素材でできている事が大事です。

 

そして適度な締め付けは必要ですが、必要以上の締め付けは避けなければいけません。足首のあたりを優しく包んでくれるようなもので十分効果を発揮するので安心してください。

 

人気のビキャクイーンについては寝る時に着用している人も見受けられます。寝ている時に履いていると朝起きた時に脚が軽いとか、冷えやむくみの解消ができたと喜びの声が多いようです。これは素材として東レ社のセオアルファという吸水性や拡散性に優れドライ感をだすポリエステル繊維でできているので汗のムレなどを防いでくれるからなのですね。

 

寝る時にも安心して履けるストッキングはビキャクイーンがお勧めです。お求めはこちらからどうぞ!